ペニスはセックスと小便のために器官?

ペニスが何のためについているかといえば、誰でも知っているようにセックスと排尿のためである。しかし、そのほかにもう一つ、全く別の機能があるのです。

 

つまり、ペニスは今も昔も、相手に脅威と畏怖の念を起こさせる道具でもあるのです。これは、ペニスを勃起させながら見張りについているテングザルやヒヒのような猿の場合に限ったことではなく、ヨーロッパ中世の騎士の甲冑についている巨大な股袋(またぶくろ)や、ニューギニア高地人のペニスケースなども全く同じ理由です。

 

こうしたものは、すべてある程度、「勃起の大きさで優位を示すもの」と解釈するべきであり、性的な意味を離れて、その男性の権力と実行力を表現する「力と驚異のしるし」になっているのです。

 

今日でも、ペニスが大きくなるようなグッズは飛ぶように売れています。サプリメントでもサイズプロウルトラというものは、服用するだけでペニスのサイズアップ効果が期待できるとして、多くの男性が買い求めています。

 

ですから、プールでよく見かけるセックスアピールが目的の「キチキチの水泳パンツなのかもっこりなのか」は全く無縁なのです。